宣伝トラックドットコムはトラック広告・アドトラック・広告宣伝カー・車体広告の業界最安値に挑戦します!!全国各地のご依頼を承ります。

HOME > 【お役立ちコンテンツ】 > 印刷について オンデマンド印刷

印刷について オンデマンド印刷

オンデマンド印刷とは

On Demandとは「要求があり次第に」という意味で、必要な時に少部数でも印刷出来るという意味があります。
通常、オフセット印刷等の印刷方式では、製版代、刷版代、抜型代等、初期費用が掛かるため、ある程度の部数を印刷しないと1枚あたりの単価が高くなってしまいます。

それに比べて、オンデマンド印刷は、印刷のための版を作らず、一枚ずつプリンタで印刷する方式で、ダイレクト印刷とも言います。ダイレクト印刷とはデザインしたデータをパソコンから直接、出力機に送りプリントする事をいいます。
すなわち、通常の印刷システムのフィルムの出力や刷版といった工程が削除され、その時間短縮がコストの安価に繋がるわけです。また、「必要なとき」に「必要な数」を印刷出来るため、印刷したものを倉庫に保管して出荷管理する等の手間も省け、在庫管理コストや版管理コストも不要にします。
印刷システムのフィルムの出力や刷版といった工程が削除されるので、各工程に伴うエネルギー・薬品等の使用が削減される事になり、環境にやさしく、コスト削減も実現出来る印刷技法といえます。

車体広告を始め、大判出力・等身大パネル・大判プリント・ポスター印刷から、タペストリー・パネル印刷・懸垂幕・横断幕、少数ロットの冊子等がオンデマンド印刷方式で印刷されています。

それぞれの印刷工程

オンデマンド印刷の工程
オンデマンド印刷の工程
オフセット印刷の工程
オフセット印刷の工程
良い事ずくめのようなオンデマンド印刷ですが、オンデマンドに向かない(出来ない)印刷物もあります。
例えば多くの部数を印刷する場合は、オンデマンド印刷で対応すると、コストが高くなってしまいます。
また、オンデマンド印刷は「トナー方式」で印刷されるので、同じデータから印刷しても色、濃さ等同一の仕上がりにはなりません。また、面積の大きいベタや平網は少々ムラになりやすくなります。
このような点から、印刷物の仕上がりにおいて、色や画像の鮮明さは、オフセット印刷の方がはるかに優れています。

すなわち、オンデマンドとは「安価なコストパフォーマンスと納期を提供する」事ではなく、「使い勝手が良い」印刷システムなのです。色調の調整を画面で行い、それを同時期に出力するシステムがオンデマンドです。
ロットで表現するならばオフセット印刷で採算ベースにのらない部数で最大の利点を発揮するという事です。ですから、印刷する部数が多いのであれば、オフセット印刷をご利用頂いた方が良い、という事になります。
■オンデマンド印刷とオフセット印刷の比較
  オンデマンド印刷 オフセット印刷
印刷方式 デジタル アナログ
対応部数 1部~500部程度 500部以上
用紙 制限あり(種類および厚さ) 制限なし
サイズ A3程度まで(それ以上は大判インクジェット出力で対応) ポスター等大きいものも可
納品までの日数 最短で入稿から数時間 最短で入稿から数日
データ対応 可能(PDFやワード・エクセル等) 不可
バリアブル対応 可能 不可
印刷品質 やや鮮明さに欠ける 高品質
環境影響 良い 適切な管理が必要
コスト 小部数でコストメリットあり 大部数でコストメリットあり

インクジェット印刷について

インクジェット印刷は、オンデマンド印刷の一種で、インキをノズルから噴射し、帯電させ、粒子状のインキを被印刷物上に堆積させる印刷方式です。
入稿データがそのまま直接印刷素材へ出力され、そのつど必要な枚数だけを製作する事が可能です。
現在最も普及している印刷機であり、インクを射出する機構「プリンタヘッド」と給紙機構の2つで構成された、非常にシンプルな構成で出来ています。
一般的なフルカラーオフセット印刷(JapanColor2001)よりも表現出来る色の範囲が広いので、より鮮やかなカラー表現が出来るのも魅力。インクは液状のもの(染料系)と固体のもの(顔料系)があり、染料系は水性インクのようなもので、色を重ね合わせる事で繊細な色表現が可能となっています。しかし、紙ににじみやすく、普通紙印刷に弱いため、写真等インクを多く使う印刷の場合、インクジェット専用紙や写真用紙等を使う必要があります。
また、機構がシンプルなため、多種多様な用途へ向けた様々なインクジェット方式があります。
■一般用インクジェット
【概要】 汎用型のインクジェットプリンタ。水溶性染料インキの使用が一般的で、用紙は各種専用紙が用意されている。
【利点】 コストパフォーマンスと可搬性から一般家庭では最も普及している。業務用としてもその特徴を生かした実例がある。
■大型インクジェット
【概要】 B0~A2サイズまでの出力が可能で、多くの機種がそろっている。産業用インクジェットの代表格であり、印刷品質、生産性は年々進歩している。耐候性インキ、速乾性インキの登場で用途幅も広がり、車体広告を始め、店頭看板や装飾等、様々な場所で目にする事が出来る。
【利点】 大型ポスターを例に取ると、1~50枚の小ロットでは、オフセット印刷に比べてコスト・納期・品質の面で有利。クイックジップ、ラミネート、スタンド、バックライト式等、後加工と合わせて商品化の提案が出来る。
■高精細インクジェット
【概要】 プリンタ本体内のドラムに用紙を巻き付ける安定した用紙搬送機構を持ち、サーマル方式を採用している。インキは透明性、輝度の高い高耐候染料系を使用し、8色印刷(CMYK/薄赤/薄藍/オレンジ/グリーン)で、1800dpi相当の高品質を実現している。
【利点】 完全なフルデジタルを駆使し、複雑な表現技法の再現が容易で、水彩画の微妙なにじみや油絵のタッチ等の微妙な表現が可能。当然小ロット対応も可能で、現在複製画の製造で最も多く利用されている。
■インクジェット捺染印刷
【概要】 インクジェット捺染印刷は、生地や布へ基準4色による色分解で調子再現の印刷が可能なため、近年増加傾向にある。現時点では生産性は低いものの、高付加価値商品または小ロットでサイクルの早いアパレル系商品等では、十分メリットを出している。
■平面式インクジェット印刷
【概要】 平面にバキュームで固定された原反が往復運動し、定位置移動のヘッドで印刷するユニークな方式。
【特徴】 最大印刷サイズは2.4m×1.6mで、厚さ4cmまでの原反を設置する事が可能。金属板・ガラス・タイル・フィルム・アクリル・ABS・カードボード・ポリプロピレン等、これまで印刷が困難だった素材にも対応。インクにUV硬化型インクを採用する事で、耐候性・耐水性に優れ、ラミネート加工なしで屋外のディスプレイ等で利用されている(屋外耐久性約3年)。
■溶剤インクジェット印刷
【概要】 溶剤インクを使用したインクジェット印刷。屋外サイン等、耐候性が求められる用途に適している。市販の塩ビフィルム、FFシート、テント地に直接印刷出来るため、コストを抑え従来どおりの施工性を維持する事が出来る。

印刷出来る素材

■白色塩ビフィルム
看板表示用の素材としておなじみのマーキングフィルム。
永久粘着糊タイプの他に、再はくり糊タイプ等があります。
■電飾用塩ビフィルム
乳半の電飾用塩ビフィルムです。アクリル版やFFシートに貼りこみ、電飾用看板として利用出来ます。
■ターポリン
懸垂幕、横断幕やフラッグとして利用出来ます。
■FFシート
電飾用のFF(フレキシブルフェイス)シートに直に印刷を行う事が出来ます。
■その他
壁面装飾フィルム、壁紙を始め、ウィンドウ用穴空きフィルム、スリガラス風フィルム等、多様なメディアに出力を行う事が出来ます。
宣伝トラックについて 車両ラインナップ 宣伝トラックのこだわり その他サービス 運行までの流れ ギャラリー お役立ちコンテンツ
[営業時間]9:30~18:00
[定休日]土曜・日曜・祝日
弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント
詳しくはこちら
ラビット車検 横浜・横須賀の格安車検
このページのトップへ