宣伝トラックドットコムはトラック広告・アドトラック・広告宣伝カー・車体広告の業界最安値に挑戦します!!全国各地のご依頼を承ります。

HOME > 【お役立ちコンテンツ】 > 色・インキについて 光の三原色と色の三原色

色・インキについて 光の三原色と色の三原色とは

加法混色と減法混色

アドトラックのデータを作成するアプリケーションには、パソコン上に表示するRGBカラーモードと、商業印刷用カラーモードであるCMYKカラーモードがあります。まずはこ2つのカラーモードの違いについてご説明します。
加法混色と減法混色
デジタルカメラ等で撮影された画像、あるいはパソコンのモニタ上に表現される色は、光の発光を利用して色を表現するRGB形式です。
光の3原色であるR(赤)・G(緑)・B(青)は、混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため『加法混色』と言われています。

RGBの各色ごとに明るさが調節される事で、様々な色と様々な明るさの色が表現され、表現出来る色数は、各色に割り当てられた容量によって異なり、例えば各色に2ビットが割り当てられると64色、4ビットでは4096色、8ビットになると1677万7216色が表現可能となります。この約1600万色を、パソコンの世界ではフルカラーと言います。

対して、絵の具やプリンタ等の色表現に用いられるモードはCMYK形式です。色料の3原色のシアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)をどんどん混ぜていくと理論上『黒色』となるため『減法混色』と言われています。
しかし、実際には『黒色』ではなく濁った灰色になるだけで、一般的にイメージする完全な『黒色』にはなりません。
そこで、商業印刷では、黒の部分を引き締めるために、ブラック(K)のインキを加えた4色でフルカラーを表現しています。
Kを使用するメリットとしては、引き締め以外にも、他の3色の掛け合わせでグレーを作るより、K1色で表現出来るため、インクの総量を減らせるという点もあります。

光の3原色(RGB)と色の3原色(CMY)のカラースペースについて

光の3原色(RGB)と色の3原色(CMY)のカラースペースについて
RGBとCMYKでは色の表現の仕方が異なるため、再現出来る色の領域も異なってきます。
右図を見ると、RGBでは再現可能であってもCMYKでは再現出来ない領域がある事が分かります。
そのためRGBで作成されたデータを印刷すると、再現出来ない領域が別の色(CMYKでの近似色)に置き換えられ、全体的にくすんだ色味に仕上がります。

光の3原色(RGB)と色の3原色(CMY)のカラースペースについて
RGBで作成したデータを完全にCMYKで再現する事は出来ないため、印刷データはリンクの写真画像も含め必ず全てCMYKモードで作成下さい。

表現の難しい色について

CMYKのプロセス印刷では、再現が難しい色や、どうやっても再現出来ない色があります。
プロセス印刷の限界として100%ベタ以上の濃い色の表現が出来ない事や、淡い色の網点での再現にも限界があります。
CMYのみで濃度の高い色を表現するのはなるべく避けて下さい。色ムラが発生したり、モニター上とは全く違う予想外の色に仕上がってしまう事があります。濃い色を作成する場合は、K(ブラック)を加える事で、インクの総量を減らすようにして頂くと、比較的安定した仕上がりになります。

更に、プロセス印刷は同じ濃度のアミ点が重なりあう事で、どうしても色に濁りが発生するため、クリアな発色が出来ない色が存在します。鮮やかなオレンジ色や 緑色、紫色、また淡いピンクやラベンダーは再現が難しい色となっています。
金や銀等のメタリックカラーや蛍光色もこの部類に含まれます。

プロセス印刷で再現出来ない色を使用したい場合は、複数の色インクを調合して目的の色を再現したインキ『特色インキ』を使用します。

カラーの濃度オーバーについて

K100%の黒をスミベタ、対してスミベタにCMYをそれぞれ40%程度足した黒をリッチブラックと言います。
同じ黒ですが、一般的にはリッチブラックの方がより締まりのある黒に仕上がります。
この「CMYをそれぞれ40%程度」足した黒であれば問題ないのですが、CMYK各色の合計が400%となる『四色ベタ』にしてしまうと、 印刷後のインキが乾燥しにくくなり、『裏移り』というトラブルにもなりますので、CMYKの掛け合わせの総量には注意が必要です。

具体的には掛け合わせの合計が、最大でも350%、通常は300%程度に収まるよう設定して下さい。通常の色設定をしていて350%を越える事はあまりないと思いますが、黒をリッチブラックに設定する場合や、RGBソフトから変換されたデータを使用する場合等には注意が必要です。
また、トンボに設定するC100%M100%Y100%K100%の色(レジストレーションカラー)は、トンボのみに使用し、通常の色設定としては絶対に使用しないで下さい。
例 Illustratorのカラー設定
Illustratorのカラー設定
宣伝トラックについて 車両ラインナップ 宣伝トラックのこだわり その他サービス 運行までの流れ ギャラリー お役立ちコンテンツ
[営業時間]9:30~18:00
[定休日]土曜・日曜・祝日
弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント 弊社が選ばれる5つのポイント
詳しくはこちら
ラビット車検 横浜・横須賀の格安車検
このページのトップへ